ドイツでの太陽光発電ブーム

ドイツは環境先進国として世界に先駆けて原子力発電の依存から脱却し、太陽光発電に切り替えることに成功しました。まず、電力発電所が太陽光によって発電された電力を買い取ることを国が義務付けたことにより急速に太陽光発電が普及し、国を上げてのブームになりました。その取組については世界中が関心を寄せて注目をあつめることとなったのです。手紙01たしかに、太陽光発電の推進によって再生エネルギーの活用に拍車がかかりました。しかしながら、太陽光の発電が普及するに連れて買取価格が値下がりし、耐久性の低い中国産の太陽光パネルが市場破壊を起こすようになってしまいました。その結果、電力会社は二束三文でしか電力を購入しなくなり、それに反比例するように電力料金の価格が高騰して国民の家系を圧迫するようになってしまったのです。一見クリーンで先進的な太陽光による発電ではありますが、粗悪な中国産ソーラーパネルが出回るようになってからというもの、修理をされないまま放置される使い捨てのソーラーパネルが急増して環境破壊が懸念されるようになったのです。現在、太陽光発電だけでは電力をまかないきれないため、フランスから電力の輸入に頼っています。