中国製品の参入

ドイツは世界に先駆けて環境先進国として再生エネルギーによる電力発電に力を入れてきました。世界初、クリーンエネルギーを国の電力政策に置き、再生エネルギーを推進してきました。電力会社も国の政策に協力的で、はじめのうちは高額で電力を買い取ってくれました。その御蔭で国民の間でソーラーパネルを設置する過程が急増し、国家政策としては大成功を収めたといえる状況になりました。また、世界のメディアは環境ブームに乗って環境先進国ドイツともてはやしたのです。しかしながら、ドイツ政府にとって予想外のことが起きてしまいました。それは、中国製品のソーラーパネルが国内の市場に参入し、本01価格破壊を起こしてしまったのです。たしかに、中国製のソーラーパネルは耐久性には問題があるものの価格が安くて国産のソーラーパネルは中国製のものに太刀打ちでき図に市場が荒らされてしまいました。一度価格破壊が起きると、それに関連する企業が次々と倒産してソーラーパネルの生産を中止し、ソーラーパネルの市場は中国の一人勝ちとなってしまったのです。どれだけ良い物を国内の企業が作っても中国産の価格には太刀打ちできず、結果として中国産に市場を荒らされてしまったのです。

Comments are closed.