日本の電力買取制度について

本06

 

 

 

太陽エネルギーを利用して発電を行った電力と言うものは、家の中で利用することが可能になります。
しかし、家の中で利用しなかった電力と言うものは、電力会社に売電する事が出来ます。
一般的に、住宅などで発電した電力のうち、余剰電力と言うものは、余剰電力買取制度が適応されることになりますが、大きな家などで、ソーラーパネルを多く設置することで、発電量が大きくなる場合などでは、余剰電力ではなく全量買取制度が適応されるケースも在ります。

全量買取制度では、ソーラーパネルの最大出力が10kW以上あることが前提となりますので、これをクリアすることで全量買取りも出来ると言う事です。
しかしながら、全量買取りを行った場合は、国から出る助成金制度を受けることが出来ません。
また、ソーラーパネルの最大出力が10kWを超える設備を導入するケースは、そうあることではありませんので、普通の住宅などの場合は、余剰電力を買い取って貰うのが一般的と言えましょう。

尚、全量買取りと言うのは、発電を行ったすべての電力が対象になりますので、家の中で発電した電力を使う事が出来ませんので、家の中で使う電力と言うものはすべて電力会社からの供給される電力を利用する形になります。

Comments are closed.