巨額の助成金

日本国内で発電設備を導入する場合、余剰電力買取り制度であれば、補助金と言うものが支給されることになります。
ドイツなどでは、補助金の額を引き下げることで駆け込み需要が起き、膨大な助成金になったと言います。
現在のドイツでは、全量買取制度は終了しており、この補助金についても2017年度を持って終了すると公表されています。

買取り価格と言うのは、固定買取り制度からも、スタートした時の価格で買取りをして貰う事が可能になります。
また、買取りには募集と言うものがあり、定員と言うものが定められているわけです。
手紙02仮に、翌年の買取り価格が下がると言う情報が流れることで、駆け込み需要が起きる可能性が無いとは言えませんし、この時膨大な金額を国は負担をすることになるわけです。

日本はドイツのように買取り制度の廃止や、補助金制度の廃止と言う事は起きていませんが、仮に見直しが行われたりすることで、駆け込み需要は高くなりますので、その分多くの補助金が必要になります。
そのため、国の負担額も多くなるわけです。

所で、一般の住宅の場合では、太陽電池の総出力と言うものは、10kW未満がほとんどであり、余剰電力の買取りと言う形になります。
余剰電力買取りにおける固定買取り期間と言うのは10年になります。

しかし、広い屋根があれば、10kW以上の出力を持つシステムを導入することが可能になります。
但し、この場合は全量買取りが適用され、更に固定買取り期間は余剰電力買取り期間よりも長い20年間になるのです。

Comments are closed.