ドイツの事例から日本が学べること

ドイツは環境先進国として世界をリードしてきました。新興国がエネルギー不足や公害に悩まされている中で、独はスマートな環境先進国という道を選択したのです。先進国の中でも最も先駆的であったことから欧米先進国は独のエネルギー戦略の動向に注目しました。原発への依存から脱却し、再生エネルギーを国家の電力政策に据えたのです。その後、日本で原発事故が起こり、独に対して羨望の眼差しが向けられるようになりました。脱原発を掲げて我が国本07でも再生エネルギーの積極的な導入が行われるようになりました。メディアは環境先進国の素晴らしいところばかり報道し、府の部分を報道しようとしませんでした。その結果、再生エネルギーを強力に推し進めてきた我が国においても徐々に問題が生じてきました。まず、電力料金が高騰したという点にあります。環境先進国ではこの問題がすでに表面化してきており、やはり再生エネルギーへの電力政策の一本化については最高の必要があるという教訓を教えてくれました。次に、ソーラーパネルの放置によって環境破壊が起きてしまっているということです。また、電力料金が高騰することで、技術立国である日本国は経済が立ち行かなくなる恐れがあります。

Comments are closed.