太陽光バブル

手紙03

 

 

 

 

 

 

太陽光を利用した発電には、太陽電池モジュールが必要不可欠です。
この太陽光モジュールは、システムを開発するモジュールメーカーが販売を行い、発電の要を行う事になるわけです。

 

最近の太陽光モジュールには発電量における保証や、故障が起きた際の保証などが付いているため、設置する場合など安心を得られると言うメリットが有ります。
しかし、太陽光モジュールを開発・製造および販売を行うメーカーが倒産することでその保証はなくなってしまう事になるわけです。

 

これは太陽光バブルでもあることで、設置をした人の不安になる出来事でもあるわけです。
また、太陽光モジュールは、一度設置を行えば永遠に利用できるわけではありません。
メーカーが発電量における保証を付けている事や、故障をした場合の保証を付けていることからも、何年か先には発電量が低下したり、太陽光モジュールが故障する可能性も出てくるわけです。

 

こんな中で、メーカーが倒産してしまえば、どこで修理をすれば良いのかと言う事になります。
また、太陽光モジュールは設置をした後に定期的な点検やメンテナンスと言った作業が必要になることからも、メーカーの倒産と言うのは設置を行った人への不安要素となってしまうのです。

Comments are closed.