全量買取時代の終焉

太陽の光エネルギーを利用した発電システムは余剰電力を買取りして貰えると言う利点があります。
発電したけれども、家の中で使わなかった電気は電力会社が買取りをしてくれると言う画期的な仕組みです。

しかしながら、日本国内において、太陽電池の総出力が10kW以上の場合に適用されると言う全量買取り制度が、ドイツでは終了になっているのです。
日本の一般的な住宅の場合は、太陽電池の総出力が10kwを超えることは殆どありませんので、全量と言うものが適用されるわけではなく、大半が余剰電本03力と言う形になります。

また、ドイツでは発電設備を導入する際に得られる補助金と言うものも、2017年には終了を予告しています。
日本国内においては、このようなことは無く、導入する場合には補助金を得ることが可能になっています。

但し、日本国内でも補助金が得られるのは余剰電力買取りの場合のみであり、全量の場合は補助金と言うものは無いのが特徴です。

太陽の光エネルギーと言うのは、再生可能エネルギーと呼ばれているものであり、導入をすることで地球環境への貢献を果たすことが出来ると言うメリットがあるわけです。
そのため、買取り制度が廃止になってもそのまま維持していくケースは多いと言えます。

Comments are closed.